ベトナムでシーシャを吸ってみよう

シーシャとは

シーシャ(Shisha)とは水タバコのことです。
これは日本にもあると思います。

味のついた煙(水蒸気)を吸って、そのフレーバーとその雰囲気を楽しむものだと思います。

この右のヤーツです

ちなみに私はタバコは一切吸えないです。
吸わないじゃなくて、吸えないです。
いまだに咳き込みます、、

ですがシーシャならチョボチョボと吸えます!

シーシャの良いところは、
・味の種類がいっぱいある
・吸える時間が長い
・雰囲気が出る

金額は、シーシャの大きさとお店にもよりますが
100k-300kくらいです。

どこでできるのか

基本的には、
お酒も置いてあるようなカフェ
バー
クラブ

とかです。

もちろんホーチミンのブイビエンストリートハノイの旧市街にもあります。

使用方法

至って簡単、吸って吐くだけ!

煙が強すぎたり、弱すぎたりする場合は、店員さんに言って調節してもらえます。

また、友達とか複数人で使用すると思いますが、1人で吸いすぎることなく、
2〜3回吸ったら置いたり、他の人か吸いたそうか気遣いを見せましょう。

あと、口つける部分にはキャップがつけられます(店員さんがくれます)
自分のキャップをつけて吸いましょう。

使っていると頭に乗っている炭が弱くなるので、そう言った時も店員さんに言って変えてもらいましょう。

ちなみに味の種類ですが、フルーツフレーバーしかみたことがないです。
・アップル
・ミント
・グレープ
・メロン
・ピーチ
・パイナップル

良くあるのはここら辺のフレーバーですかね。

ミントは単体でもですが、他のフレーバーにプラスしたりすることもできます。
ですがミントは結構喉にくるため、初めての方はミントなしで良いかもしれません。

効果は

これを吸ったからと言って楽しくなるわけではないです。

その場の雰囲気を良くしたり
口が寂しかったり手持ち無沙汰であったりを解消できたり

楽しむシーンでは楽しい演出もするし
落ち着いたシーンでは落ち着いた演出もしてくれる

そんな感じではないでしょうか。

安全性

安全性も味のついた水蒸気なので悪くはないと思います。
もちろん吸いすぎは良くないでしょう

ニコチンが入っているのもあるようです。(知らなかったー)
ただ、タバコよりも全然摂取量は少ないそうです。

安全面、依存面でいっても全然オッケーそうですね。

ただ水の部分にお酒入れて吸うとやばいとの噂
肺から直接血管にアルコールが入ってくるわけですからね。

それでは、自己責任でベトナムナイト楽しみましょう


  • iwaitan
  • 2018年からベトナム在住の会社員、元警察官。
    生のベトナムの情報を日記にしていきたい。
    朝まで飲んでも仕事は行くよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です