果物の女王?”Măng cụt”

ベトナムといえば、南国

南国といえば、フルーツ

ベトナムには日本であまり見かけないフルーツが多いです。

フルーツ屋さんで様々なフルーツが売っているが

路上でもそのフルーツを専門に売っています。

パイナップルやスイカもよく路上で売られていますが、

そんな中、日本で見かけたことのないフルーツが!(フルーツ?)

美味しそうには見えない

でもこれが果物の女王と呼ばれるフルーツ(なぜかは知らない)

名前は“Măng cụt”(発音が難しいです、声に出してみてください)

和名はマンゴスチン

で、ちょっと食べてみました。

手で皮を剥いたら、手が赤くなったが

身は白く キレイ

味は水々しく美味しい!

甘いけど甘すぎず、柔らかい

ただ中に種があったので、実際に食べられる部分の大きさを考えると

金額的に高い果物の分類かと思います。

 

普段日本では食べられないフルーツもベトナムにはいっぱいあります

ぜひベトナムで食べてみてください!

  • iwaitan
  • 2018年からベトナム在住の会社員、元警察官。
    生のベトナムの情報を日記にしていきたい。
    朝まで飲んでも仕事は行くよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です