ベトナム転職について

ホーチミン グエン・フエ通り

日本で働いたのを辞めて、ベトナムに転職し早くも1年が経ちます

転職して色々思うこともあります

 

まず、ベトナムで会う日本人の仕事を大きく分けると

駐在員」と「現地採用」の雇用形態の違いがあります。

駐在員のメリットは、給料が日本ベースのままなので、現地では高給取り
福利厚生もしっかりしているので、家賃負担や帰国サポートなどが良い
デメリットは、行く国はあまり選べず会社の指示した国
滞在期間が決まっている

現地採用のメリットは、その逆で、自分で行きたい国を選び働ける
デメリットは、現地基準となるので、駐在員より給与や福利厚生があまり良くない

ざっくりというとこんな感じです。

私はほぼ現地採用

ベトナムで働きたいと思ってベトナムにきた

 

仕事をする、仕事を辞めるということは人生において大きな決断です

日本の他の公務員は知らないが、警察官という仕事は素晴らしく、誇らしい仕事でした

辞めることでしか気付けないことも多い

 

転職でよかったと思うのは、自分を見つめなすことができたこと

今の自分の能力は、何ができるのか、今何がしたいのか、今後どうなりたいのか

そして今何をすべきなのか

 

今ベトナムで沢山の出逢いがあります

それは人との出会いも物事に関してもです。

人生は出逢い

そして日々刺激を受けています。

そろそろ1年が経つが、いつまでもその気持ちは忘れないようにしたいです。

普段こんなにゆっくりしてないよ、仕事してるよ

結果、転職してもしなくても自分で選んだ道

どっち行ったっていい

フラットに行きましょう

その道をどう進むかは自分次第ですね。

  • iwaitan
  • 2018年からベトナム在住の会社員、元警察官。
    生のベトナムの情報を日記にしていきたい。
    朝まで飲んでも仕事は行くよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です